無職でもカードローンの審査って受かる?休職中は?

無職の方でもカードローンは大変重要です。可能ならば作りたいと考える方も大変多いのではないでしょうか。

一時的に収入がなくなる方は大勢います。その間の暫定的な資金を考える時にカードを作る事は可能なのでしょうか。生活がかかっているだけに人によっては大変深刻な問題となります。

カードローンの収入は金額の多寡に関係なく、収入がある事が前提となってきます。安定した収入がある事というのが前提ですので、その点からしてもきちんとした勤務先情報等を記載する事が大変重要な事となってくるのです。

では定職についておらず、安定収入のない方や、また、就業してはいるけれども休職中の方等が申し込んだ場合は一体どのような事になるのでしょうか。

【カードローンは収入がある事が前提です】

基本的には収入があって初めてカードが作れるのですが、専業主婦という形態であればカードローンは発行する事が可能なのです。これは配偶者に収入があれば借りる事ができるカードとなります。

借り入れの金額は30万から50万くらいが目安となります。申し込みに際しては配偶者の同意と収入証明書の添付が必要とされるのです。

基本的には収入があって初めて資金を借りる事ができるのです。この点からしても万が一、無職で無収入で借り入れる事ができるカードはありますが、金利の面や、貸しての側の信用リスクがあるので、過度の借り入れを行う事で自分の信用等に危険を及ぼす可能性のある借り入れは十分に気をつける必要があります。

綾部様 休職1 (2)

【休職中のカードローンの発行に関して】

また休職中の場合は一体どうなるのでしょうか。休職中の方は無職の方と比べて収入がないわけではないのです。条件によってはカードが作れるので是非、検討してみてはいかがでしょうか。

では、休職中でも審査が通る場合とはどのような場合でしょうか。まず、前提として休職中の場合はその事をきちんと申告しておきましょう。

休職中でもきちんとした収入があれば審査に通る可能性は大変高いので、虚偽の申告を行うよりはきちんとした申告を行った上で、限度額等が低めに設定される方がよっぽど良いのです。

また本人が休職中でも配偶者に収入がある場合はどうなのでしょうか。カードの世界には夫婦の合算した年収の3分の1まで金銭を借りる事ができるという配偶者貸付の制度があるのです。

これを有効に活用するには配偶者の同意書や収入証明書婚姻関係を証明する住民票や戸籍謄本等の書類が必要になってきます。

【もし発行や借り入れができたとしても】

運良く借り入れを行う事ができたとしても気をつけなければならない事も沢山あります。借り入れを行った以上、当然その金額に関しては当然利息が発生します。借り入れた金額には当然金利が発生するので、返済は計画的に決めて行っていかなければなりません。

休職中は収入の大幅な減額や、場合によっては無収入となります。是非、、無駄の少ない資金計画で日頃から堅実な貯金生活を送る事を考えていきましょう。

人生において金銭は大変重要です。カードローンは信用の元に成り立つシステムです。きちんとした審査を受けて堅実な返済を行っていきましょう。

綾部様 休職1 (1)

Leave a comment

Your email address will not be published.


*