カードローン審査と経営者。専用のローンがあるって本当?

普段からカードローンを自分で作る方は多いです。カードローンは大変便利なものではないでしょうか。

定期的な収入さえきちんとあればどなたでも簡単且つ気軽にカードローンを申し込む事は可能です。

サラリーマンは当然ですが個人事業主でもカードは当然作れます。しかも個人事業主だからこそお得に作れるカードも当然多いのです。

【個人事業主だからこそ使えるカードです】

カードの発行には当然審査が伴います。自分の収入や社会的ステータスで発行されるカードの種類も限度額も大きく異なるのです。自分らしいカードをどんどん楽しんで行くことが大変重要となります。

自分自身のステータス・シンボルとしてのカードをどんどん楽しんでいきましょう。

自分で会社を経営する方は専用のカードローンを作って行くことが大変重要です。世間では事業者カードローンが存在しています。これは自分で会社を経営する個人事業主の方が作る事ができるカードです。

使用に関しては一般のカードと変わらないですが、それ以上に事業主の方にとって大変大きなメリットも存在していますので、その点を十分に活用していきましょう。

綾部様 事業主1

【事業資金にも融通できるのがメリットです】

事業者カードローンは一般のカードローンとは大きく異なり、金利が低く設定されている商品が多いのが特徴です。設定額も高めに設定されているのが特徴ですので多目的な使い方ができます。

また一般のカードの使用用途では事業資金は除外されていますがこのようなカードの場合は、事業資金と活用できるのです。

資金使途自体が自由ですので、どなたでも簡単に設定された枠の範囲内で何度でも自由な用途で使用する事が可能となります。

【個人事業主だからこそお得なカードがあるのです】

発行条件ですが、当然サラリーマンは不可です。あくまで個人事業主と限定されています。カードの種類ですが金融機関によっても異なりますが、大きく分けて3つのパターンが存在しています。

無担保型カードローン、有担保型カードローン、保証人要型カードローンに大別されているのが特徴です。

まず無担保型カードローンですが、一番簡単に審査が通るのですが、設定額や金利の問題等、他に比べて若干ですが条件が悪くなります。

次に、有担保型ですが、土地や預金、証券等に担保を設定します。その範囲内でカードローン枠を設定するので、枠に見合った担保が必要となってくるのです。その分、金利に関しては大変優遇されているので、大変条件はよくなります。

最後に保証人要型は、金融機関に申し込んだ際に保証人を求められたら必要になってきます。この場合の保証人の要件は収入や資産がある等が条件となるのです。

個人事業主の方は自分で仕事を行い、公私の境界線が非常に曖昧となる場合が大変多いです。このような方には多様な資金用途で使えるカードが大変重要な事となります。自分の生活をもっと便利にするために是非、有効なカードローンを楽しんで作っていきましょう。

お金の問題は公私において大変重要な問題となりますので、その点を十分に認識して自分のカードライフをどんどん活かしてビジネスやプライベートをどんどん楽しんでいきましょう。

綾部様 事業主2

Leave a comment

Your email address will not be published.


*