カードローンの審査は安定収入が大事!いったいいくら?

カードローンを作る際ですが一体どれくらいの収入が必要とされるのでしょうか。自分の収入を考えた時に万が一に備えてカードローンを作っておきたいと考える方はいます。

自分の収入が世間と比較して少ないと感じている方でも是非、申し込みだけはしてみてはいかがでしょうか。

【カードローンを発行してもらう為に必要な収入】

カードローンは大変多くの方にとって大変重要なものです。これを手に入れるには申し込みをして審査に通る必要があります。審査は当然収入がある事が前提となるのです。

審査の際には勤め先や年収は必ず必要な条件となってきます。収入は大変重要な事です。

しかし、一体どれくらいの収入が審査の基準となるかは多くの方にとって大変疑問となる事かと思います。カード発行の為に自分の収入を偽ったりする事を考える方もいるかも知れませんがそれはあまり賢明な事ではありません。ブラックリスト等に乗る可能性もあるので、虚偽の申告は厳禁です。

では審査に通る基準の収入とはどれくらいの収入となるのでしょうか。一般的に申し込みの際に具体的な収入を記載する必要はありません。

しかし、借入額が50万円を超える場合、収入証明書の添付が必要となってくる場合が大変多いです

明確な年収を記載する必要がなくても融資金額が50万を超える場合は収入証明書の添付が必須です。収入が少なくて不安な方でも50万以下に借り入れの額を設定すれば、年収がばれる可能性は極めて低くなります。

綾部様 審査収入1 (1)

【年収の額のみが全てではないのです】

逆に年収の多寡に関係なくカードローンは一定の金額しか借りる事ができないのです。総量規制という法律が施工され、年収の3分の1しか借り入れる事ができないという決まりがあります。

消費者金融系のカードローンは全て総量規制の対象です。しかし、銀行系のカードは3分の1以上の借り入れも十分に可能となります。

しかしいくら年収が高くてもカードローンが組めない場合もあるので、その点に関しても十分な注意が必要です。個人的な年収が高い場合でも会社の経営者や個人事業主の場合は審査が厳しくなり、融資が実行されない事や、希望額が借りれに場合も大いにあるのです。

基本的にカードローンは申し込みに際して年収を記入する必要はありません。あくまで安定した収入があるという事が前提となるのです。

【パートやアルバイトの方でも申し込みは可能です】

パートやアルバイトの方で自分の収入に関してそれほど多くない方でも審査に応募すること事態はそれほど問題となる事はありません。まずは低めに年収を設定して申し込みをする事をおすすめします。

年収の直接的な多寡が問題とされる事よりもむしろ、審査の際に虚偽の申告をする事の方が余程問題となる事が多いのです。まずはきちんとした申し込みを行って自分が審査にきちんと通るかどうかを考える必要があります。

カードローンは貸す方もリスクをとって貸すわけですからやはり、安心して信用して金銭を貸せる相手だと思ってもらう事が大変重要な事です。金銭に関する問題は重要な問題ですので、慎重に借り入れを行っていく事を考えていきましょう。

綾部様 審査収入1 (2)

Leave a comment

Your email address will not be published.


*